スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16日目に突入・・

2007.04.10
って何が・・・と申しますと、通常なのか、そうではないのか良くわからない出血なのです。

昨日まではさすがにフラフラでした。
先週、婦人科へ行って、「貧血がひどいよ。鉄剤点滴してもこれじゃザルだよ。生理を止めよう。それから手術にしよう」とこっちが迷っている暇もなく次々と決断がなされました。

手術は9月だそうです。
たびたび雑誌にも紹介される病院なので人気なのでしょう。

今まで受けていた(以前かかっていた病院での)、止血剤などの有効性を質問してみたところ、

「そんなもんじゃ無理だよ」とのこと。確かに飲んでも効き目はアリマセンでした。

しかし、如何に女性ホルモンを押さえ生理を止める注射でも、
1回注射したから直ぐに効く、と言うわけではなく、今も結構な量の出血が続いています。
心臓がドキドキしたり、頭が痛くなったりするのでコンビニで買った酸素缶をスーハーしたりしてます。

不思議な事を発見しました。
フラフラで元気を付けようとお肉など、栄養のありそうな物を食べると、その時は元気になるのですが、肉切れ?するとまた、ヘナヘナと息切れしてしまうのです。

ところが・・フラフラでまともな料理が作れないので、玄米や雑穀御飯でごまかしていたら、そういう食事をしている方が何となく元気が長く続くのです。不思議です。

白神こだま酵母と国産小麦でライ麦パンにチャレンジ

2007.03.17
実は少し前に、星野天然酵母でパン作りにチャレンジしたのですが、これは時間が掛かり過ぎて挫折しました。

今度はイースト並みの時間で発酵する「白神こだま酵母」でトライ!
初めて焼いたのは「ソフトフランスパン」でした。

初めてにしてはまぁまぁの出来。
柔らかいので家族も喜んで食べました。

次に焼いたのは、余った雑穀御飯を生地に練りこんだ五穀パン。
これは小さめのコロコロに焼いてみました。
結構好評でした。

そして今回は、旦那が、「家でハンバーガーを作って食べよう」と言い出し、何となくライ麦パンが合いそうな気がしてトライしてみたのですが・・・期待したようには膨らまなくて。。
食べられはするけれど、味も香りも良いけれど・・失敗パンなのでした。ライ麦入りのハンバーガー用のパン、もしもどなたかレシピをご存知でしたら教えて下さ~い。お願いしますm(。_。)m ペコッ

今年初めての日記

2007.02.10
今頃今年初の日記でアリマス。。\(бб; ) ハンセィ

今年こそサボリを返上しましょう。

ところで最近ハマッているものがアリマス。

それは・・・つぶつぶちゃん、「雑穀」です。

朝は毎日つぶつぶちゃんのスープで体を温めます。
といっても、煮込むのに30分ほどかかるので、前の晩に作っておきます。でもとっても簡単で美味しい!

是非是非、↓の本を見てください。
私が毎日のつぶつぶスープにハマるきっかけになった本です。
自慢ではありませんが、我が家に数ある料理本や雑誌の中で、毎日活用しているのは・・・この1冊だけです!
つぶつぶ雑穀スープ 野菜+雑穀で作る簡単おいしいナチュラルレシピ つぶつぶ雑穀スープ 野菜+雑穀で作る簡単おいしいナチュラルレシピ
大谷 ゆみこ (2006/06)
学陽書房

この商品の詳細を見る

久しぶりのコンサート

2006.12.02
ブログの更新も久しぶりになってしまいました。

先日、雅楽の騎士、東儀秀樹さんのコンサートが我が家から車で行けるところで行われまして、行って参りました!

その日のコンサートはいわゆる正統派雅楽は出てこなくて、東儀さんもラフなスタイルで(でも衣装代かかってるゾ)登場し、トークあり、笑有り、小言(彼の日頃思っていること、小学校で英語を教える暇があったら日本語を教えるべきだ!とか、茶道の先生でも呼んでお茶のお稽古でもした方が良い!とか・・その他いろいろ)ピアノで弾き語りあり・・と楽しいひとときでした。

東儀さんは普段電車に乗っているときなど、
これはイケナイじゃないか?と思うことがあると、ツカツカと寄っていって小言を言うのだそうです。
それで大変な事になってしまったこともあるとか・・。

自分の思いを機会を捉えては言葉にして発する事の出来る人、生き方に一本筋が通っている人・・伝えるメッセージを持っている人・・男女を問わず素敵だなぁ・・と思います。

労災は大変だぁ

2006.11.15
この度の私のおでこのケガ。
就業中のケガということで、労災扱いにして貰える事になるそうです。

それで昨日は、書類を持って病院でいったん支払った自己負担分を返金して貰って、職場の総務課にメール便で書類を送って・・。

で、仕事への復帰についてドクターと相談するように、と総務課から指示があったので、「仕事しながら治療に通っちゃ駄目ですか?」と質問したところ、その場合は、「治療をしながらであれば、業務に耐えられる」という産業医の証明というか、診断というか、が必要なのだそうです。その証明を貰う為には水戸まで出かけて行かなければならないのです。

水戸まで列車に揺られて行くのも、頚椎捻挫ぶり返し状態の身には辛いので、「お言葉に甘えて、休ませて頂きます・・」という事に。

去年は追突事故で、今回は・・・。
いったい私って。。
宝くじでも当たれば良いのに。。

良く考えたら、我が家は全員、おでこを打撲している。
娘のmayuは小学4年の時に、24時間脳震盪状態になるほど。
その時のコブはいまだに残っております。

そして、旦那は、つい3週間ほど前に会社でドアにおでこをぶつけて。
こりゃ何かの警告なんだろうか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。